泉州不動講

泉州不動講 代表のあいさつ

代表を務めさせていただいております宝功です。



犬鳴山に於いて、泉州不動講の講として、今修験の枠に入れて頂き色々と勉強させて頂いております。

早いもので30年の年月が夢の様に過ぎ去ってしまいました。今考えてみると、何が残ったのだろうか?何が出来たのだろうか?何が変わったのだろうか?と、色々考えます。

確実に講の人数は、増えていますが、ただそれだけの事で良いのだろうか?自分の年齢を考えますと、後わずかしか、活動出来無いではないか?考えれば、次から次へと、疑問が湧き上がります。

この、疑問が、人生なのかな?て、思います。

この30年の間に、高野山へ上がり、加行を受けて、阿闍梨にもなれましたが、それが、何なのか?全ての疑問が、私の人生でした。

何も行動せず、何も疑わず、何も考えずに、人生はあり得ないと思います。

だから、全ての悩み、全ての問題、全ての事案は、自分が作り出す現象で、それに自分自身が振り回されているのです。その糸口を引き出し、道筋をつけてくれるのが修行であり、実修実践出来る修験道であり、僧侶だと、思います。

人の一生なんて、短いものです。でも、私は、この短い人生を精一杯、必死に生きて行きたいと思っています。だから、知り得る事は、何でも後世に伝えたいと願っております。

泉州不動講の信念として、何でも挑戦することを喜びとし、チャレンジ精神 ボランティア精神を貫いて行きたいと思っています。

また、アットホームな講として、趣旨を忘れずに、不動講皆さんも、頑張って仲良く修行していきましょう。


<< 前のページに戻る


活 動 記 録

宝功の活動記録

お 知 ら せ